2013年04月01日

まめルーミアをつくりましょー2:道具のこと

mz001.jpg
こんにちは。まめぞうです。

第一次通販商品到着の報告や、早くも作り始めてます報告、
皆さまありがとうございます!
Ustとかで製作実況とかされてる方も何名かいらっしゃって、
初心者にもやしの根が生えた程度のレベルのまめぞうはもう
「おおお…!」と感動しつつ、
こっそり拝見させていただいてたりしましてですね…


mz007.jpg
皆さまの方がダンゼン凄いしお上手だし、
もう、まめぞうが製作記しなくてもOKなんじゃないの。
皆さまにお任せしちゃって
まめぞう、この際ラクしちゃってもいいんじゃないの、これ。


とちょっぴり考えなかったこともないんですが、

fum021.jpg
ラクニシテヤロウカ?


mz005.jpg
いやいやいや!

まめぞうに二言はないですよ。ちゃんとやりますよ?


というわけで、本日はお問い合わせの多かった道具篇です。
初めての皆さま向けに、最低限の道具、ということで
今回ご紹介させていただきますね。


ニッパー。

P9180006.JPG

ゲートからパーツを切り離す時などに使います。
手でもぎとっちゃダメですよ。

fum016.jpg
ホームセンターの工具コーナーにあるようなのは金属用だったりするので、
刃が分厚くて模型を作るにはちょっと不向き(使うこともあるけどね)。
プラスチック(模型)用のを使いましょう。




デザインナイフ

P9180010.JPG

パーツの切削加工や、他にもゲート跡をやすったり、穴を穿ったり、
多彩に使える万能道具です。1本必須です。
替え刃も一緒に用意しとく方がいいです。
左の黄色いオルファ社のは
文具売り場でもあるんじゃないかなー。

fum016.jpg
普通のカッターでも作れないことはないけどね、
使いやすさとか切れ味とか段違いなので、
これは必須だなぁ。



ピンバイスとドリル刃

P3310260.JPG

接合面や関節の穴を開けるのに使う、手回しのドリルです。

P3310264.JPG

本体に、必要な径サイズのドリル刃をこんなふうに装着して使います。
ちなみに、まめシリーズでよく使う基本の径の大きさは2.9oですが、
同梱の関節技やプラサポの径に個体差がある場合があるので、
2.9oと3.0mmの2種類のドリル刃が必須となります。
さらに、まめルーミアに関しては、
肉の組み立てに2.8o径も使用しているので
2.8、2.9、3.0oの3種のドリル刃をご用意ください。
0.1oの差は、まめの仕上がりや可動にすんごく大きく影響するんで
ここは横着しないでぜひともサイズを揃えてくださいませ…!

fum018.jpg
重ねて言っておきますよ。
2.9mm指定の箇所を3.0mmのドリルで穴をあけたら、


必ず泣きをみます。

必ず2.9mmと3.0mmを用意すること。
0.1mmは思ってる以上に大きいのだ。

※球体関節等の個体差によっては3mmを使って調整することはあります。


ちなみに画像の商品は
ウェーブ社製の「ワンタッチピンバイスセット(1.0、2,0、3.0oの専用ドリル刃付属)」と
別売の各サイズの専用ドリル刃なんですが、
今から購入される初めてさんは、
これ1セットと、2.8oと2.9oの専用ドリル刃を買えばいいかな、と。

実はピンバイス&ドリル刃はこれじゃなくて他にも出てますし、
百均でも置いてるところがあるんですけど
百均のでは微妙な刃のサイズが揃わないですし、
前のまめ萃香の時に載せた
P9180009.JPG
このタイプのは(もちろん使っても問題ないんですけど)
刃を替える時にアジャスターも替えたりしないとなので
ウェーブさんの商品の方が刃を替えるのがワンタッチ!な分、
初めての方には簡単で使いやすいのではないかなと思いましてですね。
回し者ではないですしw、ゼッタイこれじゃなきゃ!というんではないですけれど、
一応、おススメ商品ということでプッシュしときますね。参考までに。


fum006.jpg
風民風味で竹羊羹に穴開けた時からプッシュしてるからなぁw
あ、でもほんとーーに便利ですよ?
付け替えがワンタッチなのもすごく便利なんだけど、
ドリル刃のジョイント部分が六角形なので、
空回りしないのがサイコーにステキ♪
上級者の方にもおすすめしちゃう。
おでかけにも便利〜
マジおすすめ




ペーパー(やすり)

P3310263.JPG

キットのパーティングラインやゲートを切った跡を均すのに使います。
左が模型用の紙ヤスリ(ペーパー)、右が同じくも形容のスポンジペーパーです。
場所や面の形状によって使い分けした方がよいので、
ペーパーだけでなく、スポンジペーパーもあると便利です。

P3310254.JPG

スポンジペーパーというのはは、
こんな感じに厚みがあるので、
曲面にはスポンジペーパーの方が使いやすいのですよ。

やすりの目の細かさで種類がいろいろあるんですが、
400〜600番くらいのものを用意すればいいと思います。
(数字が大きくなるほど、目が細かいやすりになります)




瞬間接着剤と瞬間接着剤用硬化剤

P9180012.JPG

瞬間接着剤は多くのメーカーさんからいろいろ出ているので
特に画像のものでないと…!ということはないです。なんでもいいです。
いろいろ種類はありますが、粘度の低いタイプ
(「ハイスピード」「さらさらタイプ」「流し込みタイプ」など)
を買っとけば基本的には問題ないかなと思います。


fum016.jpg
接着箇所によって接着剤が垂れてしまいそうな場合は、
粘度の高いタイプがあると便利〜。
必須じゃないけどね。


あと、瞬間接着剤って、言うほど瞬間にはくっついてくれないですし、
まめみたいに小さいパーツだと接着剤を
たくさん付けるわけにいかないことも多いので
硬化剤があるとくっつきやすさの点でなにかと安心&便利ですよ。




ピンセット

P3310255.JPG

小さいパーツをつまんだり、デカールを貼る時に必須です。
しっかりと先が合ってはさめるものがおススメです。




マークソフター

P3310256.JPG

これもデカールを貼る時に使います。
デカールをやわらかくして、貼りやすくするものです。



綿棒

P9180016.JPG

綿棒もデカールを貼る時に、なじませるのに使います。
大量にはいらないので、これと同じ商品でなくても、お家にあるものでOKですよ。

fum016.jpg
模型用に売ってる先の尖ってるタイプもあると便利。
もちろん必須じゃないけどね。



トップコート

P9180013.JPG

仕上げに使います。
貼ったデカールがはがれないように保護したり、
ペーパーをかけた跡やゲートの処理跡などを目立たなくさせます。
光沢、半光沢、つや消し、がありますが、このへんは好みの質感で選んでください。

fum016.jpg
まず光沢を塗って、上から半光沢やつや消しで調整がやりやすいかな。


あと、必須…というわけではないんですが

カッティングマット

P3310266.JPG
プラサポを切ったり加工する時にあると便利なのです。
百均や文具コーナーなどにあると思うのでよければぜひ一枚。
※画像とまったく同じ商品でなくてもいいですよー。



以上が、まめルーミアを作るのに必要な道具です。



あと、多かったのが「どこで売ってるの〜?」というお問い合わせだったんですが、
上に挙げた商品のほとんどが
大型家電店の模型コーナーや、大型スーパーなどの玩具売り場、
模型専門店に行けばあるかと思います。ネット通販でも扱っているところもあります。
プラモデルを売ってるところに行けばだいたいはOKかと思います。
あ、ピンセットやデザインナイフについては文具売り場にもあると思います。
よろしくお願いいたします。

ではでは、パーツの洗浄も終わり、道具も揃えたところで
次はいよいよ、組み立てはじめましょうねー。


なんか、ついブログ書くと長くなっちゃってるので
「まめルーミアって実は組むのすごい難しいんじゃ…」
と心配されてる初めてさんもいるかと思いますが
丁寧で、慎重な作業を心がければ大☆丈☆夫…!

今回も風民さんからの厳しいツッコミ丁寧な解説&指導がいただけるはずですし、
4月とはいわない、5月にはみんなで一斉「そうなのかー!」ができるよう
がんばって作っていきましょうねー!
まあ、まめぞうもオフ時間使って組んだりブログ書いたりだから
まったり進行になるかもですが、そのへんはどうか広い心でご容赦を。

fum016.jpg
実況放送やんのもおもしろいかもしんないなぁ。

まめぞうが



mz005.jpg

!?
チョット、マタ、ナニイイダシテルノ、コノヒトハ…
マメゾウガ、ジツハ、ジュウナナサイノビショウジョダッテ,バレタラドウスルノ…


fum011.jpg
あーダイジョウブダイジョウブ、
ボクも12歳の男の娘だから。







mz003.jpg
エイプリルフールは4/1の午前中まででした。
マジすみませんでした。


ではでは、また近いうちに!


PS:あ、二次受注の皆さまの出荷予定はまた詳細がわかり次第お知らせしますのでもう少しお待ちくださいね!

(まめぞう)
posted by リキッドストーンスタッフ at 16:30| 製作記